社会保険の二重加入

外国人労働者が日本の企業で働くときは、日本の社会保険制度への加入が必要となります。しかしながら、出向などで短期間日本において就労する場合には、制度の異なる母国の社会保険制度に加入し続けるケースがあり、日本の社会保険制度との二重加入となるケースを防止するため、一部の国との間に社会保険協定を締結しています。

これにより以下のメリットを生じます。

・「保険料の二重負担」を防止するために加入するべき制度を二国間で調整する

 (二重加入の防止)
・年金受給資格を確保するために、両国の年金制度への加入期間を通算することにより、年金受給のために必要とされる加入期間の要件を満たしやすくする

 (年金加入期間の通算)

 

例えば在留資格の「研修」や「転勤」で出向等で外国人労働者を受け入れた場合、

両社が日本の社会保険制度での加入であれば、出向元か出向先で社会保険を適正に払っていれば問題ありませんが、どちらかが日本の社会保険制度に加入していなければ、総合調査などによって加入漏れを指摘される恐れがあるため、出向契約等により「使用従属性」を厳格に判断する必要があります。

 

2019年10月1日時点、日本は23ヶ国と協定を署名済で、うち20ヶ国は発効していますが、これは日本年金機構のホームページで確認することが出来ます。

 

2019年10月30日